Merit節税効果

マンション経営をすることで
所得税・住民税を軽減する

マンション経営で節税対策

マンション経営は給与所得者でも出来る事業の一つであり、マンション経営にかかった費用を所得から差し引くことが可能です。

建物の減価償却費、利息、固定資産税等の税金、その他の経費の合計が家賃収入を上回るとマンション経営では書面上赤字が発生します。

その場合、確定申告で給与所得と合算する必要があり損益通算が可能。
それにより所得税・住民税の年間に支払う税金が安くなる場合があります。

不動産投資をしている場合のシミュレーション

・年収1,200万円
・給与所得者
・独身

上記のお客様を想定した場合での不動産所有時の節税効果をご紹介します。

不動産投資をしていない場合

不動産投資をしていない場合の確定申告書A

不動産投資をしている場合

不動産投資をしている場合の確定申告書B

独身
年収1,200万
不動産投資をしていない場合

  • 所得税:約127万円 / 年間
  • 住民税:80万円 / 年間

独身
年収1,200万
不動産投資をしている場合

  • 所得税:約104万円(年間23万円の節税効果)
  • 住民税:約70万円(年間10万円の節税効果)

合計で年間約33万円の節税が可能です。

資産形成や節税対策について気軽にご相談ください。

10件以上の不動産を持つことにより青色申告や法人設立等でより多くの資産の形成も可能です是非ご相談ください。
個別相談も無料で実施しています。

Methodマンション管理4つのメリット

生命保険・
ガン保険

Read more

節税効果

Read more

私的年金

Read more

運用資産

Read more