Merit運用資産

不動産運用で安定した資産形成

退職金を不動産で運用するメリット

家賃収入で生活費の心配がいらなくなる
退職金を生活費として切り崩した場合と、不動産に投資した場合の比較をご紹介いたします。

2,000万円の退職金を1年間100万円ずつ生活費に切り崩した場合と不動産に投資した場合の比較表

年間の家賃収入 年間の貯蓄切り崩し 貯蓄が尽きるまでの時間
不動産投資なし ¥0 ¥1000000 20年
年利5%で不動産運用 ¥1000000 ¥0 尽きない
※不動産価格が落ちない場合を想定
退職金2000万を銀行預金に預け毎年100万円を生活費として使う場合利子を計算しなければ約20年でなくなります。
しかし利回り5%の不動産を購入すれば、途中の空室や修繕費等を計算にいれたとしても20年後に不動産価値がゼロになることは無く、家賃収入もそのまま継続されます。
そのため、不動産投資は資産形成をする上で有効な手段です。

普通預金や他の金融商品と比較して安定した資産形成

普通預金や他の金融商品と比べて不動産投資で得る利回りの差を下記表で表しています。

商品名 予想利回り 2,000万円を預けた時
の年間利率収入
特徴
普通預金 0.002% 400円 多くの人が利用する金融商品。元本が保証され安全だが利子が少ない。定期預金は期間が定められ、途中解約をすると利率が低くなる。
定期預金 0.2% 40,000円
外貨普通預金(米国ドル) 0.01% 2,000円 円を外国のお金(ドルやユーロなど)に両替して銀行に預金をすること。日本の預金に比べると高金利である場合が多いが為替リスクがあり、また手数料もかかる。
外貨普通預金(ユーロ) 0.01% 2,000円
投資信託 不明 不明 金融機関によくおすすめされるが、情勢により元本を大きく割れるリスクが伴う。
マンション経営 5% 1,000,000円 管理費、修繕費はあるが安定した家賃収入が得られる。ただし、すぐに現金化できないリスクはある。

Methodマンション管理4つのメリット

生命保険・
ガン保険

Read more

節税効果

Read more

私的年金

Read more

運用資産

Read more